帽子でハゲる理由はあるのか?工場勤務のブログで読み解くハゲる可能性

某大手掲示板にて「帽子でハゲるか?ハゲないか?」というネタが話題になっております。

当サイトでは、帽子と脱毛の関連性について、ほぼないでしょ!というスタンスをとっていますが、ここで今一度その関連性について検証してみました。

というのも、私自身、昔から帽子を被ったことがほぼありません。

10代の頃からなんとなく頭皮に悪そうと思っていたのはもちろんなんですが、私みたいに元々髪の毛が軟弱のクセ毛だと、帽子を少し被っただけでもすぐに変な癖が髪の毛についてしまうわけなんです。

ということで、何らプラス要因を生み出さない「帽子」は私の人生で交わることがほぼありませんでした。

カッパ先生
それに、管理人さんみたいな丸顔じゃぁ帽子なんて全然似合わないからね!
管理人
・・・

この「帽子×ハゲ」の謎を解明するため、私自身の出会ってきた帽子を被る男性にハゲは多かったのかという記憶をまとめました。

そして、帽子といえば「工場勤務」の代名詞ということで、工場勤務らしき人たちのブログを見つけ、そこからも「帽子×ハゲ」の謎を検証しましたので、是非とも参考にしてみてください。

AGA治療中の管理人が通院しているAGAクリニックはコチラ↓↓

帽子でハゲる理由はあるのか

まずは科学的に「帽子」によってハゲを促してしまうことはあるのか?見ていきます。

アメリカのTIMEという有名サイトで、帽子とハゲの関係について語っていた研究者の言葉を簡単にまとめました。

【参考記事】TIMEの記事(原文)へ>>

こちらではじめに書かれていることは、ハゲの原因は「多因子性」ということ。もちろんAGA(男性型脱毛症)の場合は、それ一つで完全なるハゲになってしまうことは科学が証明していますが、そのハゲ進行を後押ししてしまう要因はたくさんあるよということです。

ということで、ハゲ進行を後押ししてしまう多くの要因として、以下のことが挙げられています。

  • 帽子を被り続けたり髪を結び続けたりすることで毛包が引っ張られ緊張状態が生じる脱毛
  • 長時間帽子を被ることで汗の塩分が頭皮を刺激し続けて生じる脱毛
  • 頭皮が帽子にアレルギー反応を起こし炎症してしまい生じる脱毛

結論的には、上記の理由だけでは科学的に見てハゲにはなりえません。

ただし、AGA(男性型脱毛症)のスイッチが入っていた場合は、輪をかけて脱毛の進行が急速にアップしてしまう可能性があります。

ということで、帽子でハゲる理由はないけど、帽子でハゲを手助けする理由はあるという結果です。

帽子でハゲるなら工場で働く人のブログには必ずハゲネタがあるはず!

工場勤務は帽子着用が必須です!

といっても工場で働いたことがない私が言っても信憑性がないですが、工場で働いてる方ってこんなイメージの人が多いのではないでしょうか。

  

みなさん被ってますね。

と、こんな風に毎日帽子やヘルメットを被って仕事をしている方たちの素の頭皮状態は一体どうなってるのでしょう??

まず参考にさせていただくのはこちらのブログ↓↓

【参考ブログ】ウグイの本棚

上記ブログは、5年間に渡り食品工場で帽子を被り続けた方が運営しているブログですが、結論的には工場勤務だろうと一般的なサラリーマンだろうとハゲの割合は変わらないとのこと。

ただし、夜勤が多い工場だと薄毛の従業員が多い印象があるとのことでした。

カッパ先生
ちなみに上画像にある「目だけ出ている工場の人のイラスト」だけど、食品系の工場は、あの格好が一般的みたい。

で、あの帽子の部分は3重構造になってるからかなり汗ばんでムレるんだって。

ってことは、食品系の工場で夜勤が多いところで働いている人にAGAのスイッチが入ったら、途端にハゲあがってしまう可能性があるね!

次に参考にさせていただくのはこちらのブログ↓↓

【参考ブログ】嫁に聞いた話

上記ブログは帽子やヘルメットを被り続けた”元自衛官”の方が運営してるブログですが、正直、元自衛官ならではの経験談がひとつも書いていません。汗

ということで、あんまり参考にならなかったですが、こちらのブログでは「帽子でハゲるかハゲないかは、その人による!」とありました。

カッパ先生
それは・・分かってるから経験談が欲しいんだよ。

最後はこちらのブログ↓↓

【参考ブログ】自動車製造工場の現場から真実を語ろう

上記ブログは自動車工場で働く作業員の方が運営しているブログです。内容をまとめると「とにかく頭皮に汗をかくので痒くて痒くて仕方なくなりたくさんかいてしまう!」といった経験談。

なんだか読んでるだけでも、こっちまで痒くなってくる不思議・・。

カッパ先生
この辺りに真理がありそうだね。

AGAスイッチが入ってしまった人の髪の毛は弱々しくて細い毛になる。そんな時に毎日毎日頭をかきむしったりなんかしたら、健康な頭皮なら抜けない髪の毛たちも一気にゴッソリ逝っちゃうよ!

まさにAGAによるハゲ進行の手助けをしてしまうことになるのは明白だね!

帽子を愛用していた管理人の旧友たちはハゲていたのか?

私の完全なる主観ですが、帽子を被る友人に限ってフサフサなのが多かったです。多かったと言うよりも、帽子を愛用してる友人は誰ひとりとしてハゲていませんでした

といっても30歳を過ぎてからめっきり友人たちと会う機会が減ったので、もしかしたら彼らも今やハゲているかもしれません!

ですが、最近7年ぶりに会った旧友はいつもどおり帽子を被っていましたが、居酒屋に入るやいなや、スッと帽子を脱ぎ捨て、ビッシリとした生え際を見せつけていました。要するに全然ハゲてなかったんです。

正直な話、こっちがAGA体質だと、誰かどっかでハゲて欲しい!と知り合いに会う度に思います。こんなこと考える性格だからハゲるんですかね。汗

カッパ先生
性格とAGAは関係ないでしょ!

でもその性格がAGAの進行を助長させてる可能性もありそうだ!

管理人
えっ・まっ・?

まとめ

簡単にまとめると、帽子でハゲる理由はないですが、帽子によってハゲ進行を促進してしまう可能性はかなり高いです。

理由としては、帽子やヘルメットで頭皮を強く締め付けてしまうことで、毛包が引っ張られ緊張状態に陥り脱毛いつながってしまうというものと、汗ばむことで頭皮が不衛生となりかゆくなりたくさんかいてしまうい、元々AGAにより弱っていた髪の毛たちがゴッソリ抜け落ちてしまうというものがあります。

いづれにせよ、そもそもAGA(男性型脱毛症)のスイッチが入っているという状況が重なることで、ブーストがかかるというものです。

カッパ先生
「帽子を被ってもハゲる人はハゲるし、ハゲない人はハゲない」って話は、「帽子を被っても元々AGAの人はハゲるし、AGAじゃない人はハゲない」という意味と一緒だね!

AGAの原因やメカニズムなど、AGAについて知りたい場合はコチラから↓↓

【関連記事】薄毛の95%以上の人が当てはまるAGAって何?基礎情報を公開!>>

この記事以外に、他の薄毛の悩みについても見てみたい場合はコチラから↓↓

【関連記事】薄毛になるのは悩みすぎが原因?抜け毛を解消するためのQ&A>>


あなたに合ったAGAクリニックは??

正直なところ、大手のAGAクリニックでなくとも、素晴らしいクリニックはたくさんあります。

その辺りは『AGAクリニック一覧』のカテゴリーページでご紹介しているので、是非とも参考にして頂ければ幸いです。

とはいえ、あなたが住んでる家から通えなければ意味がないですし、あなたが男性なのか女性なのかという違いでも、通うべきAGAでクリニックはことなります。

以下で、あなたにピッタリのAGAクリニックをご紹介していますので、是非とも参考にしてみてください。

もちろん『カウンセリング・相談』は、すべて無料で行なっているので、是非とも試しに一度、足を運んでみてみることをおすすめします!

【管理人が選ぶ”No1”AGAクリニック】Dクリニック


ヘアメディカル AGA業界では知らない人はいないほど有名な、小林一広院長が指揮をとるAGAクリニック。その実績からニュースや医療番組など多くのメディアで紹介されており、最近ではお笑い芸人ナインティナインを起用したCMでも話題です。
詳細ページへ
【東京周辺で通いたいというあなた向け】銀クリ(銀座総合美容クリニック)


銀クリAGA.com(gincli-aga.com) 変わったテレビCMでも話題のクリニック。銀座の土地で堅実に薄毛患者を治していく姿は、まさに職人芸。信頼と実績に裏打ちされたオーダーメイド治療が魅力。
【通うのが面倒なのでオンラインでというあなた向け】髪の毛クリニックSeed


髪のクリニックSeed スマホで簡単にオンライン診療ができることで有名。月に1度は通院が必要となるAGA治療をクリニックに行くことなく、毎月自宅で診療してもらえるのが最大の魅力です。
【女性の薄毛には女性専用のクリニックへ】東京ビューティークリニック


東京ビューティークリニック2 AGAクリニックは男性の目が気になるというあなたは、是非とも女性専門の薄毛クリニックがおすすめ。女性ならではの悩みを専門のカウンセラーが責任をもって解決します。

薄毛との死闘歴15年以上の管理人へ何でも質問してください^^

中学生の頃からオデコの広さをバカにされ、AGA治療に出会うまでは、様々なヘアケア商品を実際に試してきた経験があります。

そして、一旦は中止したものの、AGA治療歴も10年に迫り、誰よりも薄毛に関して本気で立ち向かってきた自負が強いです。

「薄毛」以外にもたくさんのコンプレックスと向き合ってきた経験から、何かしらアドバイスができるかもと思っています。

何かに悩んでいましたら、お気軽に「問い合わせフォーム」からお問い合わせください^^