AGA保健室

日本には約1,200万人以上もの男性が薄毛に悩んでいるという報告があります。

ですが、実際に科学的根拠を軸にした薄毛治療が始まったのはここ10年前ぐらいです。その理由としては『薄毛は命にかかわる病気ではない』ということが原因・・。緊急性がないゆえに、これまで皮膚科学の中でも毛髪科学の研究は遅れをとっていました。

基礎研究・臨床研究とも十分とはいえない中で、薄毛に悩む男たちはこれまで市販の育毛剤や育毛サロンに頼るしか方法がなかったのです。

結果として、バーコードハゲと呼ばれる人や波平さんハゲと呼ばれる人たちが市販の育毛剤を長年塗り続けるという光景がごく当たり前のものになってしまいました。

しかし、2000年代半ば以降、毛髪科学は皮膚科学の最先端を走っており、『髪の毛が抜ける謎』が解明され、理にかなった治療法の研究が進み、AGA治療』という薄毛解消のための医療行為が広く一般化したのです。

カッパ先生
はじめまして!僕の名前はカッパ先生!

このサイトでは、そんな『AGA治療』や『薄毛の悩み』に対して、発毛や育毛の視点から出るあらゆる疑問や悩みを僕と一緒に学んでいこうという場所です!

管理人
私は管理人と申します。

カッパ先生とともに、微力ながらではありますが私自身の経験談もまじえつつ、男性の(時には女性の)薄毛の悩み解決をサポートしていきたいと思っております。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAとは別名『男性型脱毛症』とも呼ばれる進行性の脱毛症状のことです。

円形脱毛症や高齢化で身体機能の衰からくる薄毛とはまったく原理が異なります。ひとことで言うと、AGAは男性ホルモンの働きによって引き起こされる薄毛のことです。

AGAの正式名称は『Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティックアロペシア)』。略して『AGA(エージーエー)』と呼ばれています。

AGA(男性型脱毛症)についての詳しい解説はコチラをクリック>>

AGA(男性型脱毛症)の特徴

AGAの特徴は以下の通りです。

  • 細く短い抜け毛が目立つようになる
  • ゆっくりと薄毛が進行
  • 最終的に薄毛部分が広範囲に渡る

薄毛が広がっていく部分はオデコからであったり、頭頂部からであったりとさまざま。個人の体質によって薄毛のスタート地点は変わります。

そして、その差は『ハミルトン・ノーウッド分類』としてⅠ型~Ⅶ型で示されており、ひと目で自分の薄毛タイプを知ることができるのです。


(出展:アイランドタワークリニック

カッパ先生
自分がどの型に当てはまるかを知ることで、今現在の薄毛進行状況を把握することができるよ!

ハミルトン・ノーウッド分類について詳しくはコチラをクリック>>

AGA(男性型脱毛症)の原因|男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れ

AGA(男性型脱毛症)による薄毛はヘアサイクルの乱れが起こることにより発生します。

正常な頭皮であれば、毛根から髪の毛が生え、太く長くなるまで成長しきったうえで抜け落ちていくのですが、ヘアサイクルが乱れることで、髪の毛が太く長くなる前の細く短い段階で抜け落ちてしまうのです。

補足
・正常な頭皮の場合・・髪の毛が2年~6年で太く長く成長し抜け落ちる

・乱れた頭皮の場合・・髪の毛が数ヶ月から1年足らずで成長する前に抜け落ちる

※よって、AGAの人はヘアサイクルが極端に短いといえます。

そんな弱々しい細く短い髪の毛の頭皮に占める割合が増えることで、見た目に薄毛だということが明らかになります。

頭皮を田んぼに例えると・・

 
(※正常な頭皮)

(※ヘアサイクルが乱れた頭皮)

同じ毛根の数(ここで言うところの稲)にも関わらず、太く長いだけで見た目の密度がまったく変わります。

カッパ先生
つまり人間の見た目には、髪の太さによって薄毛なのかフサフサなのかに違いが現れるってことだね!

AGAを引き起こす男性ホルモンの働き

男性ホルモンは骨格やヒゲそして体毛など、男性らしさを作り出すホルモンであり、その95%はテストステロンという種類の男性ホルモンです。

このテストステロンにはヘアサイクルを乱し薄毛を進行させてしまう作用はありません

しかし、テストステロンは体内にある5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに姿を変えます。

この『ジヒドロテストステロン(DHT)』こそが、ヘアサイクルを乱し薄毛を進行させてしまう作用を持っているのです。

カッパ先生
ここから分かるように、AGAによる薄毛進行をやめさせるためには、体内で『ジヒドロテストステロン(DHT)』をいかに作らせないようにするかが重要ってことだよ!
管理人
ちなみにどんなに薄毛の男性でも後頭部の髪の毛だけは生えています。

その理由は人間の後頭部には5αリダクターゼが存在しないため、テストステロンと結合することがないからです。

AGA治療は1日でも早く始めないと損

一つの毛根は一生のうち40回~50回のヘアサイクルを繰り返し髪の毛を作り出します。たくさんある毛根がこのような髪の毛の生成を繰り返すため、頭皮は一定の密度が保たれているのです。

逆の見方をすれば、一つの毛根は40回~50回のヘアサイクルを完了することで寿命を終え、その毛根からは一切髪の毛が生えてくることはありません。

カッパ先生
思い出してみてほしいんだけど、AGA(男性型脱毛症)の人はヘアサイクルが極端に短かったね。

ということは、放って置くと正常の人の何十倍の早さで一生で使うヘアサイクルの回数を使い切ってしまうんだ!

そうなってしまえば、そこからいくらAGA治療に励んでも毛根の寿命が尽きてるから髪の毛は一生、生えてこなくなっちゃうよ・・

【まとめ】AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)をまとめると、以下の通りです。

まとめ】

  • AGA(男性型脱毛症)とは進行性の脱毛症状のこと
  • AGA(男性型脱毛症)の特徴は細く短い髪の毛が増えることで髪の密度が減少する
  • AGA(男性型脱毛症)の原因はヘアサイクルの乱れ
  • AGA(男性型脱毛症)によるヘアサイクルの乱れはジヒドロテストステロン(DHT)が体内で生成されることで引き起こされる

AGA(男性型脱毛症)の治療方法

AGA(男性型脱毛症)の治療方法はシンプルです。

大々的には、『フィナステリド』『ミノキシジル』これら2つの薬を使用することで治せます。

これらいづれか、または両方を同時に使用していくことが、AGA(男性型脱毛症)の基本治療となります。

AGA治療を始める前にガイドラインを見ておこう

これまでの時代の薄毛対策はどれも科学的根拠のないものばかりでした。

しかし、現代では上記に挙げた『フィナステリド』『ミノキシジル』など、科学的根拠にのっとった薄毛治療薬が登場したことによって薄毛は医学的に治療できるようになったのです。

毛髪科学の大もとは皮膚科学。

日本皮膚科学会では、毛髪科学の視点から『どんな成分がどのように薄毛に効果があるのか?』という実証データを取りまとめ、ガイドラインとして公表しています。

それが、『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』です。


ガイドライン参照はコチラをクリック>>

カッパ先生
このガイドラインでは薄毛にまつわる治療方法において、これまでの実績や臨床データを元に、”効果の程はいかほどか!?”という視点でランク付けがされているんだ!
管理人
薄毛に対する効果だけでなく、その安全性も含めたうえでのランク付けとなっております。

フィナステリドやミノキシジルは『Aランク(行なうよう強く勧める)』という結果となっています。

フィナステリドとは

AGA治療において最もよく使用される成分のひとつ『フィナステリド』。

フィナステリドは体内にある酵素5αリダクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑えます。フィナステリドが配合されている治療薬として日本国内ではMSD社(旧万有製薬)から販売されている『プロペシア』が有名です。

フィナステリドはもともと違う用途の薬だった・・!?

フィナステリドは当初は薄毛治療のために開発されたものではなく、元々は『前立腺肥大』の治療薬として、1993年にアメリカのFDA(日本でいう厚生労働省に当たる)で許可された薬。

臨床試験の過程で副作用として『薄毛改善』が確認されたため、1997年にAGA治療薬としても許可を受けることとなる。

日本でもフィナステリドに対する臨床試験が行われ、2005年10月にAGA治療薬として厚生労働省の許可を得るに至った。

フィナステリドを継続服薬することで、3年間で約95%の人に薄毛改善または薄毛進行ストップの効果が現れたという実績があります。

フィナステリドの副作用

フィナステリドを配合したAGA治療薬はれっきとした薬なので副作用が出ることがあります。

しかしながら、フィナステリドの副作用は極わずかに軽いものがある程度で、これまで国内外で深刻な副作用の報告はあがっていません。

フィナステリドの臨床試験では、わずかに『性欲減退』や『男性機能の低下』を訴えるケースがありましたが、これらについてはプラシーボ効果によるものだという見方が強いです。

フィナステリドの副作用についてはコチラをクリック>>

カッパ先生
プラシーボ効果とは”思い込み”によって身体に症状が現れることだよ!

すべての薬の臨床試験では、本物の薬と何の成分も入っていない偽薬を渡される人たちのグループを作るんだ。偽薬を渡された人たちの中には”思い込み”の力によって本物の薬を飲んだ時と同じような効果が出る人たちも現れることがあるんだよ!

管理人
人間の潜在意識は神秘です。

フィナステリドがAGA治療薬として大成功を収めている理由は、こうした副作用がほとんど現れないという実績があるからとも言えます。

ミノキシジルとは

AGA治療において最もよく使用される成分のひとつ『ミノキシジル』。

ミノキシジルを使用することで、血管が拡張され血流がよくなり髪の毛の成長に必要な栄養素が頭皮に行き渡ります。また、毛母細胞の分裂を活性化させる効果があり、こちらも髪の毛の成長を手助けしてくれるのです。

日本国内ではミノキシジル外用薬として一番有名なものに、大正製薬から発売されているリアップという商品があります。

ミノキシジルはもともと違う用途の薬だった・・!?

フィナステリドは当初は薄毛治療のために開発されたものではなく、元々は『前立腺肥大』の治療薬として、1993年にアメリカのFDA(日本でいう厚生労働省に当たる)で許可された薬。

臨床試験の過程で副作用として『薄毛改善』が確認されたため、1997年にAGA治療薬としても許可を受けることとなる。

日本でもフィナステリドに対する臨床試験が行われ、2005年10月にAGA治療薬として厚生労働省の許可を得るに至った。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルもフィナステリド同様に、副作用は極わずか軽いものがある程度です。

フィナステリドとは違い、プラシーボ効果ではなく科学的に判明している副作用は以下となります。

  • 初期脱毛・・使用開始から2~3週間で起きることが多い。ミノキシジルによって作り出された新たな強い髪の毛が成長しない既存の髪の毛を押し出すことによって、一時的に抜け毛が増える現象。
  • 多毛症・・内服薬のミノキシジルのみに起こる。ミノキシジルの血行拡張効果により全身の体毛が濃くなる現象。

ミノキシジルの副作用についてはコチラをクリック>>

カッパ先生
2000年代に入るまで『毛生え薬は夢の薬』とされていたけど、ミノキシジルの内服薬はまさに毛生え薬そのものだね!

フィナステリドやミノキシジルを入手するためには

薄毛男性にとって夢のような成分『フィナステリド』『ミノキシジル』。特に最も使用されているフィナステリドは近所のドラッグストアなどで簡単に手に入れることができません。

ドラッグストアで購入可能なのはミノキシジルの外用薬のみで、大正製薬のリアップなどが有名です。

しかしながら、薄毛治療として一番効果が高いとされているのは、フィナステリドを配合したプロペシアや、そのジェネリック品であるフィナステリド錠。そしてミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレット。

本来、これらの治療薬が手軽にドラッグストアで購入できれば、これほど嬉しいことはないのですが、残念ながらAGAクリニックでしか手に入れることはできないのです。(一部、皮膚科でも入手可能。)

【注意】薬の個人輸入は低価格だが高リスク

とは言うものの、海外製のフィナステリドやミノキシジルを配合した内服薬であれば、個人輸入代行業者を通してネットで簡単に購入できます。

しかも、AGAクリニックや皮膚科で手に入れるよりも比較的安く購入できるのも個人輸入の大きな特徴です。

ただし、こうした代行業者が売っている海外製の薬を使用することは、以下のリスクを伴います。

リスク

  • 日本では未認証(安全性が担保されていない)
  • 安価だが粗悪品が多い
  • 個人輸入で購入したものは、何が起きても全て自己責任
  • 説明書も全て外国語なので、重大な注意事項が記載されていても気づかない

海外製の薬を個人輸入代行業者を通して購入すること自体は違法ではありませんが、厚生労働省からは以下のような注意喚起がなされています。


(出展:厚生労働省HP

カッパ先生
要するに『海外から購入するのは自由だけど日本では責任取れないから!』ってことを言ってるよ!

また、海外製の薬を販売している医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトがあまりにも多いことが厚生労働省から発表されています。


(出展:厚生労働省HP

カッパ先生
インターネットは簡単に世界とつながることができるからこそ、偽物や違法物を世界中に売りさばくサイトがあとを絶たないんだ・・

ひとつずつ撲滅していくためにも、厚生労働省がみんなに協力を要請しているよ!

【まとめ】AGA治療方法まとめ

AGA治療方法をまとめると、以下の通りです。

まとめ】

  • AGA治療は『フィナステリド』『ミノキシジル』配合の薬を使うのが基本
  • 市販で買えるのはミノキシジル外用薬だけ
  • それ以外のAGA治療薬はAGAクリニック又は皮膚科で処方してもらうしか手に入らない
  • 海外製のAGA治療薬を個人輸入で買うことはできるが偽物や粗悪品が多く厚生労働省からも注意喚起が出されている

AGA治療は皮膚科ではなく専門クリニックが良い理由

専門のAGAクリニック以外にも皮膚科でAGA治療も可能です。

ただし、注意が必要なのは皮膚科ではあくまでAGA治療薬であるフィナステリドを配合した『プロペシア』が処方してもらえるだけであり、ミノキシジルの処方はおこなっていません。

したがって、あまりおすすめは出来ません。

皮膚科の医師はAGAに対する知識が不十分です。なぜなら、医療機関であるので国からプロペシアの処方は許されていますが処方ができるという権限を持っているだけなので、『とりあえず薬の処方だけは対応している』というのが実情だからです。

AGAクリニックと皮膚科の比較を簡単に表にまとめたものが、以下のとおりとなります。

AGAクリニック 皮膚科
カウンセリング費用 基本無料 有料
医師による詳しい診断
フィナステリドの処方
ミノキシジルの処方
その他AGA治療薬の処方
治療実績 多い 少ない
AGA専門医 いる いない
最新治療の取り扱い あり なし
カッパ先生
皮膚科はAGA治療をしているというよりかは、フィナステリド(プロペシア)を処方してるだけと見るのが妥当だね!

AGAクリニックが高い発毛率を実現できるワケ

上記をご覧いただいてお分かりのように、AGA治療は断然クリニックに通うべきです。

  • 『フィナステリド』と『ミノキシジル』を同時に処方してもらえる
  • 毎回AGA専門医による診断が受けられる
  • 治療経過によって薬の量や種類を調整してくれる

こうした形でAGA治療を受けられるのはAGAクリニックだけです。

カッパ先生
AGA治療で一番大切なのは”継続すること”だよ!

専門医の丁寧な診断で、より自分の体質に効果の出やすい薬を選定してくれることで、薄毛改善効果も現れやすいんだ!

治療を継続することを楽しくしてくれる、それがAGAクリニックの誇るべきポイントだね!

【まとめ】AGA治療は皮膚科ではなく専門クリニックが良い理由

AGA治療方法をまとめると、以下の通りです。

まとめ】

  • 皮膚科はフィナステリドの処方しかしていない
  • AGAクリニックはフィナステリドやミノキシジルの処方が受けられる
  • AGA専門医がいるのはAGAクリニックだけ
  • AGAクリニックは体質や治療経過によって薬を調整してくれるので発毛効果が高い

AGAの治療費用

AGA治療には当然ながらお金がかかります。

AGA治療が確立される前までは、育毛サロンや増毛サロンが薄毛治療の主戦場で、その費用は年間で1,000,000円以上かかることがザラでした。

カッパ先生
今だからこそ『科学的根拠のないサロンなんかに年間1,000,000円以上かけるなんてバカバカしい!』と感じることができるけど、当時はそんな増毛サロンや効果のない育毛剤にすがるしか方法がなかったんだ・・

そこから比べると、AGA治療費用の低さは圧巻です。

治療内容や処方する薬の数により費用は変動していきますが、一番安くて月に約3,000円(年間36,000円程度)から治療を受けることができ、フルセットでの薬の処方を受けたとしても月に約30,000円(年間360,000円)となっています。

それまでの増毛サロンなどでは年間100万円をかけたところで髪の毛が生えることはありませんでしたが、AGA治療であれば科学的根拠を元に年間36,000円~360,000円で1年後にはフサフサの髪の毛を取り戻すことが約束されているのです。

【まとめ】AGAの治療費用

AGAの治療費用をまとめると、以下の通りです。

まとめ】

  • AGAクリニックは年間36,000円~360,000円で治療が可能(個人の薄毛状態による)
  • 月々に換算すると毎月3,000円~30,000円の費用で1年後にはフサフサになれる
  • ※増毛サロンの場合は年間1,000,000円以上の費用が一般的で1年後も薄毛状態は変わらない

【3大ポイント】AGAクリニックを上手に選ぶコツ

AGAクリニックと一言でいっても、そこには医師がいてスタッフがいて、治療方針があり、治療方法にも差があります。

そんな中、AGAクリニックを選ぶ際の大きなポイントは以下の通りです。

  • 医師やスタッフとの相性
  • 通いやすさや雰囲気の良さ
  • 予算に見合う費用対効果

一番大事になるポイントは、選んだクリニックにいる医師やスタッフがあなたにとって良いと思える人たちであるかという点。AGA治療を始めると毎月クリニックに通うことになります。通うのが待ち遠しくなるような人材がいるクリニックを厳選できるかは治療成功への近道です。

そして、自宅からクリニックへの通いやすさも大事なポイント。月に一度の通院とはいえ、あまりにも遠くのクリニックを選んでしまうと通院自体が面倒になってしまい治療を途中で中止してしまう可能性がでてきます。

さらに重要なポイントは予算です。あなたの薄毛をフサフサにすることが最終目標となりますが、おサイフ事情が寂しい場合、最初から無理して全種類の治療薬で治療を始めることは現実的ではありません。費用が抑えられるクリニックを選びましょう

もちろん、おサイフ事情に余裕のある場合は最初からフルセットの治療薬での治療方法はおすすめです。

【3つの注意点】AGAクリニックを選ぶ際の注意

クリニックによっては『初回だけ薬代を破格の安さ』にしているところもあります。我々治療を受ける側としては嬉しい限りですが、大切なのは2回目以降にいくらかかっていくかという点です。

カッパ先生
例えば初回の薬代が1,000円だったとしても、2回目以降が20,000円だったら『騙された!』ってなるよね!

大事な点は初回限定の激安価格に惑わされずに、継続的に毎月いくら費用がかかっていくかをしっかりと確認することだよ!

また、クリニックによって初診料は無料だけども再診料は毎回かかることろや、初診料も再診料も無料で対応しているところ等、さまざまな料金設定がされています。細かい部分ですが、クリニック選定にはそうした点にも注意して選んでいくことがおすすめです。

まとめると・・

  • 初回費用で判断してはダメ!
  • 初診料と再診料をチェック!
  • 気になるクリニックは費用ごとに比較!

ということになります。

カッパ先生
ご紹介した【3大ポイント】と【3つの注意点】をクリアしたクリニックを見つけ出すには、『無料カウンセリング』にいくのが一番手っ取り早いよ!

どこのAGAクリニックでも無料のカウンセリングを受け付けているから、自分の目で見て最終判断をジャッジしよう!

AGAクリニックの治療費用を徹底比較

AGAクリニックを選ぶには、『大前提として無料カウンセリングへ足を運ぶこと。』これに尽きます。

『百聞は一見に如かず』という言葉通り、あなたの目で実際に確かめること以上に有益な情報はありません。

とは言うものの、全国に数えきれない程あるAGAクリニックの無料カウンセリングへ一つ一つ行くことはあまりにも時間がかかり、その期間中に薄毛は進行していくだけです。

当サイトでは『口コミ評判』『人気ランキング』『治療費用』をもとに、あなたの目的別に合ったAGAクリニックを最低限まで絞り込んでいます。

その中から、気になるクリニックをピックアップしてみることがおすすめです。

カッパ先生
このサイトでは粗悪なクリニックや名前の知られていないクリニックをあらかじめ排除しているよ!

これらを参考にすれば、きっとあなたの有益な時間が大切に守られることでしょう!

AGAクリニック総合ランキング

【第1位】AGAスキンクリニック

AGA業界で圧倒的な店舗数・実績を誇るクリニック。
何万通りという症例から、国内有数の安全安心なAGAクリニックとしても有名です。

【第2位】AGAヘアクリニック

クリニックとしての歴史は浅いながらも著名人を起用したCMで一躍有名。公式サイトも他クリニックにはないほどに作り込まれており薄毛に対して本気です。

【第3位】湘南美容クリニック

女性の美容はもとより男性の美容にAGAの治療まで、美容のことなら何でもお任せあれのクリニック。圧巻のテレビCMの多さで症例数も激増中。

【第4位】銀クリ(銀座総合美容クリニック)

変わったテレビCMでも話題のクリニック。銀座の土地で堅実に薄毛患者を治していく姿は、まさに職人芸であり、信頼と実績に裏打ちされた一人一人に対応した治療方法が魅力。