ミノタブが持つ女性への効果や妊娠への影響は? ピルとの併用も含め解説!

男性のミノタブ治療の経過を実体験し、毎日記録としてお伝えしている当サイトですが、今回は女性に向けた記事となっていますので殿方はあしからず。

近年、女性の社会進出は当たり前のものとなり、これまで以上にストレスを感じている女性が急増しています。そうした世の中なので、薄毛に苦しむ女性も同時に急増しているのです。

大前提として、女性の薄毛に対しては、フィナステリド(薄毛治療薬)は使えません。

厳密にいうと、使用するのは自由ではありますが効果が出ずに、しかも妊娠や胎児に悪影響が出る可能性が高いということで、AGA界隈ではNGとなっています。

となると、もう一つの薄毛治療薬である「ミノキシジル」はどうか?

女性のミノキシジル使用はOKであり、しかもその効果も出やすいとされています。

ではさらに、ミノキシジルの内服薬である「ミノタブ」の使用はどうか?

女性のミノタブ使用については、賛否ありまちまちです。なぜそのようなことになっているのか、以下で簡単にまとめましたので、是非とも参考にしてみてください。

ミノタブ|女性への効果

基本的に、ミノキシジルという成分は女性の薄毛にも効果が出ることが実証されています。

「リアップレディ」なんて商品を聞いたことがあると思いますが、あれは大正製薬が販売している「女性向けのミノキシジル外用薬」です。2005年の発売以来、売上も好調ということで需要の大きさを感じます。

カッパ先生
で、女性のミノタブ効果の方はどうなの??

科学的根拠に基づいていくと、女性がミノタブを服薬した際に現れる効果は男性並みか、それ以上に高いです。

ミノキシジル外用薬が効くんだから当然といえば当然の結果となります。

ただし、注意が必要なのはミノタブの副作用である「多毛症」や「動悸・息切れ」などは、男性が使用した場合と同じく起こり得るという点。

こうしたことが起こってしまうため、そもそも女性のミノタブ使用を推奨している人たちはいません。

参考までに「ミノタブ女性が服薬したブログ」があったので、よければリンクを貼っておきますので参考にしてみてください↓↓

【参考記事】女性ハゲ治療日記>>

ブログの内容を簡単にまとめると、ミノタブを3ヶ月ほど試した女性の経過遍歴です。ミノタブを飲み始めて初日で「動悸・息切れ」が始まり、多毛症により全身のムダ毛がボーボーに。たまらずミノタブをやめ、他の治療法に移行していく様を見ることができます。

残念ながら、既にブログの更新は終わっており、最後の記事には・・

神様がいるならば、私に髪の毛をくださいませ。

今まで何も欲しがらずに生きてきたし、税金もきちんと払ってきました。朝は5時に起き、夜は11時に寝ています。少ない友達と密やかに遊び、悪いことはしていません。どうか、お願い致します。

という心からの叫びをもって終了しています。

カッパ先生

この女性はブログ更新当時、28歳だったみたい。

その後の髪の毛の状況がどうなったか気になるところだね・・

ミノタブ|妊娠への影響は?

ということで、そもそもミノタブを女性が使用することは止めておいたほうが無難ということがわかりました。

先程でてきた「多毛症」「動悸・息切れ」などの理由以外にも、女性のミノタブ使用をおすすめできない理由があります。

それは、妊娠に影響が出るという点からです。

大人の男性であれば、ほとんど影響がでませんが、ミノタブは女性の身体では心臓に大きな負担がかかる薬です。さらに言えば、もし女性が妊娠し母体に退治がいる場合、その胎児にまで心臓への負担の影響が作用してしまいます。

そうなると、胎児に先天性寄形が起こる可能性があり、実際にそうした事例も確認されているのです。

カッパ先生

もし、妊娠前からミノタブを服薬している女性がいたら、妊娠がわかったらすぐに服薬をやめよう!

ミノタブ|ピルとの併用

「ピル」は、女性の生理痛をやわらげたり、肌荒れを防いだりしてくれる薬です。

どうしてもミノタブの絶対的な効果で薄毛を治したいという女性が、このピルを併用することで、ミノタブの副作用を薄められるのでは?と考えることがあります。

しかし、ピルにはミノタブの副作用をどうこうしてくれる作用はありません。と同時に、それなりに効力の強い薬を2つ併用し服薬することは、そもそも内蔵への負担が大きすぎます。結論として、ミノタブとピルの併用はやめておくべきです。

カッパ先生

やぱりどう考えても、女性がミノタブを飲むことは推奨できないね。

ちなみにミノタブを使用したからといって、ピルの避妊効果が薄れるこということは実証されていません。

ミノタブ|円形脱毛症やびまん性脱毛症も治せる?

ミノタブは女性のどんな薄毛にも効果が期待できるのか。

まず、女性で多く見受けられる「円形脱毛症」。ミノタブはこの円形脱毛症に対しても効果を発揮します。でもこれって結構恐ろしいことでして、円形脱毛症などは主にストレスなどでホルモンバランスが崩れたりして起きるもの。ですのでまずはホルモンバランスを整えることが優先的です。

にも、関わらずミノタブを服薬することで、そうしたステップを飛び越えて髪の毛を生やしてしまいます。嬉しいっちゃ嬉しいことですが、それほどまでにパワープレイをしてのけてしまう程に協力ということです・・。

同じ理由で、「びまん性脱毛症」にも効果がでます

効果が出るといっても、こちらもパワープレイでの効果なので、あまり良いとは言えません。

カッパ先生
じゃあ女性は薄毛になったらどうすりゃええんや!?

男性の私からすると、うらやましい話ですが、女性の薄毛は比較的治りやすく、しかも治療が成功すれば治療をやめてしまっても、そう簡単に薄毛に逆戻りはしません。

基本的に、ホルモンバランスがすべてのカギを握っています。

生活習慣を見直したり、運動を始めたり、ホルモンバランスを整えるパントガールのようなサプリメントを継続して飲んだりすることで、ホルモンバランスは改善していくので、ミノタブに頼らず地道にそうした施策をとっていくことが重要です。

まとめ

  • ミノタブには女性の薄毛への効果もある
  • しかしながらマイナス要素も多いため女性のミノタブ使用はおすすめしない
  • 妊娠した女性がミノタブを服薬していると、胎児が先天性奇形になる可能性がある
  • それでもミノタブは円形脱毛症やびまん性脱毛症をパワープレイで治せるほどの威力を持つ
  • 女性の薄毛は基本ホルモンバランスの乱れを整えることで改善されていくことがほとんどなので、ミノタブに頼らず「生活習慣改善・軽い運動習慣・パントガール等サプリの摂取」をしていくことで改善できる

AGA治療について知りたい場合はコチラから↓↓

【関連記事】AGA治療とは何をする治療?薬や注射や自毛植毛まで多種多様!>>

この記事以外に、AGAの原因やメカニズムなどAGAについて知りたい場合はコチラから↓↓

【関連記事】薄毛の95%以上の人が当てはまるAGAって何?基礎情報を公開!>>

薄毛の悩みについても見てみたい場合はコチラから↓↓

【関連記事】薄毛になるのは悩みすぎが原因?抜け毛を解消するためのQ&A>>


あなたに合ったAGAクリニックは??

正直なところ、大手のAGAクリニックでなくとも、素晴らしいクリニックはたくさんあります。

その辺りは『AGAクリニック一覧』のカテゴリーページでご紹介しているので、是非とも参考にして頂ければ幸いです。

とはいえ、あなたが住んでる家から通えなければ意味がないですし、あなたが男性なのか女性なのかという違いでも、通うべきAGAでクリニックはことなります。

以下で、あなたにピッタリのAGAクリニックをご紹介していますので、是非とも参考にしてみてください。

もちろん『カウンセリング・相談』は、すべて無料で行なっているので、是非とも試しに一度、足を運んでみてみることをおすすめします!

【管理人が選ぶ”No1”AGAクリニック】Dクリニック


ヘアメディカル AGA業界では知らない人はいないほど有名な、小林一広院長が指揮をとるAGAクリニック。その実績からニュースや医療番組など多くのメディアで紹介されており、最近ではお笑い芸人ナインティナインを起用したCMでも話題です。
詳細ページへ
【東京周辺で通いたいというあなた向け】銀クリ(銀座総合美容クリニック)


銀クリAGA.com(gincli-aga.com) 変わったテレビCMでも話題のクリニック。銀座の土地で堅実に薄毛患者を治していく姿は、まさに職人芸。信頼と実績に裏打ちされたオーダーメイド治療が魅力。
【通うのが面倒なのでオンラインでというあなた向け】髪の毛クリニックSeed


髪のクリニックSeed スマホで簡単にオンライン診療ができることで有名。月に1度は通院が必要となるAGA治療をクリニックに行くことなく、毎月自宅で診療してもらえるのが最大の魅力です。
【女性の薄毛には女性専用のクリニックへ】東京ビューティークリニック


東京ビューティークリニック2 AGAクリニックは男性の目が気になるというあなたは、是非とも女性専門の薄毛クリニックがおすすめ。女性ならではの悩みを専門のカウンセラーが責任をもって解決します。

薄毛との死闘歴15年以上の管理人へ何でも質問してください^^

中学生の頃からオデコの広さをバカにされ、AGA治療に出会うまでは、様々なヘアケア商品を実際に試してきた経験があります。

そして、一旦は中止したものの、AGA治療歴も10年に迫り、誰よりも薄毛に関して本気で立ち向かってきた自負が強いです。

「薄毛」以外にもたくさんのコンプレックスと向き合ってきた経験から、何かしらアドバイスができるかもと思っています。

何かに悩んでいましたら、お気軽に「問い合わせフォーム」からお問い合わせください^^